社会福祉法人 八戸市社会福祉協議会

みんなのやさしさが伝わりますように 心と心がかよう街づくり

TOP > 社会福祉協議会の活動紹介

社会福祉協議会の活動紹介

地域福祉活動の推進
地域福祉活動を推進するため、住民組織、社会福祉関係機関と協議しながら、住民参加によるまちづくり活動を行っています。
  • 福祉大会の開催
  • 福祉講座の開催
  • ボランティア講座の開催
  • 青少年の体験学習
  • 地区社会福祉協議会の育成
  • 福祉団体への支援活動

小地域ネットワーク事業
<ほのぼのコミュニティ21推進事業>
住民参加による地域福祉活動を推進し、高齢者や障がい者をはじめ、誰もが共に支え合い住み慣れた地域で安心して暮らせるような地域社会を築くとともに、21世紀を担う人材を地域の中で育成することを目的とした事業です。
  • ほのぼの交流協力員事業
    • 一人暮らしの高齢者・高齢者だけの世帯・障がい者世帯などを近隣住民で見守り、お互いに支え合いながら誰もが安心して暮らせる地域づくりを目的とした事業です。住民の方々の温かい助け合いの心によって支えられていく活動です。地区ごとに「ほのぼの交流協力員」という見守りのボランティアを委嘱し、定期的に要支援世帯への訪問活動・安否確認を行っています。
    <高齢者サロン事業>
    ほっとサロン事業は、地域で生活している高齢者の閉じこもりや孤独感を解消し、ふれあいを通し仲間づくりの輪を広げるとともに介護予防を行い、心身機能の維持向上を図ることを目的とし、地区社会福祉協議会が主体となって開催しています。
    <子育てサロン事業>
    子育てサロンは、地域の住民が主体となって子育て家庭を応援し、サロンを通じて仲間づくりを行う活動です。活動の参加者は、子育ての当事者、民生児童委員、子育てメイト、ボランティア、子育て支援センター等の関係機関の職員や専門家、地区社会福祉協議会など多様なメンバーです。

ボランティアセンター
ボランティア活動は、いつでも・どこでも・誰にでも出来る活動です。ボランティア活動をしてみたいと思う方、ボランティアをしてもらいたい方は、お気軽にボランティアセンターにご相談ください。
<相談・紹介>
ボランティア活動を希望する人からの相談、ボランティアを求めている施設・団体・個人からの相談、ボランティア活動の紹介など、ボランティアの橋渡しをします。
<支援活動>
ボランティア関係ビデオ・車椅子の貸し出し、ボランティア保険の取り扱い、各種資金助成事業の紹介をします。
<研修・交流>
ボランティアフェスティバル、ボランティアリーダー研修会、ボランティア体験活動事業、ボランティア講座、児童・生徒のボランティア活動推進事業(ボランティア推進校)などを行っています。
<広報・情報提供>
情報誌の発行、パンフレットなどによる啓発を行っています。
<調査・研究>
ボランティア活動の推進・振興を図るためにボランティアに関する実態調査活動などをします。
ボランティアセンターの登録用紙は申請書ページからダウンロードできます。

日常生活自立支援事業<あっぷるハートはちのへ>
高齢や障害などによって、自分一人で意思決定し、実行に移すことが難しい状況にあり日常生活に不安のある方が、自立した地域生活が送れるよう、福祉サービスの利用手続の援助や代行、それに伴う日常的な金銭管理を行います。
<事業内容>
1.福祉サービスの利用援助
  • さまざまな福祉サービスの利用に関する情報提供、相談
  • 福祉サービス利用における申込み等の契約の同行・代行
  • 年金及び福祉手当の申請等に必要な手続き
  • 福祉サービスの苦情を解決するための手続き
  • 住宅改造や居住賃借、日常生活上の消費契約及び行政手続きに関する援助
  • その他福祉サービス利用に必要な一連の援助
2.日常的金銭管理サービス
  • 福祉サービスの利用料金の支払い手続き
  • 施設や病院等への支払いの手続き
  • 税金や社会保険料、公共料金を支払い手続き
  • 日用品購入等の支払い手続き
  • 支払いに伴う預貯金の出し入れ、預貯金の解約手続き等、利用者の日常的金銭管理の支援
3.書類等の預かりサービス
  • 年金証書や預貯金の通帳など大切な書類の保管
<利用料金のご案内>
1.相談から契約の締結までの情報提供や助言・・・・・無料
2.福祉サービスの利用の援助や、必要な日常的金銭管理サービスに伴う利用料 ・・・1回1500円
3.貸し金庫の利用・・・・月額500円
※ただし、生活保護を受けている方は、利用料の負担はありません。
青森県社会福祉協議会HPはこちら

福祉人材バンク
福祉人材バンクは、福祉の仕事をしたい人と、人手を必要とする福祉施設や福祉団体の橋渡しをすることを目的に厚生労働大臣の許可を受けて開設した無料職業紹介所です。福祉マンパワーの育成、福祉の仕事と職場説明会、高校生の福祉の仕事体験セミナーなども行っています。

※職業紹介、登録手続き、情報提供などは無料です。
※プライバシーは固く守ります。
福祉人材バンクの詳細は青森県社会福祉協議会にて紹介致しております。

要援護世帯への支援活動
<生活福祉資金貸付制度>
低所得者や高齢者、障がい者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的としている制度です。この制度は、都道府県社会福祉協議会が実施しており、相談や受付は各市町村社会福祉協議会が窓口となっております。また、生活福祉資金の貸付けによる経済的な援助にあわせて、地域の民生委員が資金を借り受けた世帯の安定した生活を取り戻すためにさまざまなお手伝いをしています。詳しく知りたい場合には、社会福祉協議会もしくは民生委員にお問い合わせください。
生活福祉資金貸付制度を利用できる世帯と主な資金の種類
低所得世帯 必要な資金の融資を他から受けることが難しい市町村民税非課税程度の世帯
障がい者世帯 身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている者が属する世帯
高齢者世帯 日常生活を送る上で介護等を要する65歳以上の高齢者が属する世帯
失業者世帯 生計中心者の失業によって生計を維持していくことが困難な世帯
厚生労働省 福祉資金貸付制度の詳細はコチラ
<たすけあい資金の貸付>
八戸市に在住する低所得世帯を対象に一時的に小額資金の貸付を行っております。
  • 貸付額 3万円以内
  • 償還期間 貸付日の翌月から10ヶ月以内
  • 貸付の条件 連帯保証人及び民生委員の意見書が必要です

総合福祉会館運営
社会福祉協議会では、八戸市の指定管理者として総合福祉会館の管理運営を行っています。総合福祉会館は、市民の福祉の増進を図るため、福祉活動及び社会参加の場として設置された建物で、貸会議室,貸ホール並びに料理実習室を備えております。
[所在地]
〒039−1166 青森県八戸市根城八丁目8−155
Tel 0178−47−1651 / Fax 0178−47−1881
[利用時間]
9:00〜21:00
[休館日]
12月29日〜1月3日
[貸会議室・貸ホールの使用料]
会議室名 定員(人) 利用時間
9:00〜12:00 13:00〜16:30 17:30〜21:00
第1会議室 21 1,630円 1,900円 1,900円
第2会議室 21 1,630円 1,900円 1,900円
大会議室 57 3,930円 4,580円 4,580円
多目的ホール 301 10,770円 12,570円 12,570円
第1教室 63 5,060円 5,890円 5,890円
第2教室 63 5,060円 5,890円 5,890円
研修室 57 3,930円 4,580円 4,580円
料理実習室   1,770円 2,040円 2,040円
[申し込み方法 ]
直接会館へ来館し手続きするか、電話で予約してください。
手続きは、使用申込書に記入し、申し込んでいただきます。
予約状況を見る
[受付時間 ]
8:30〜17:00(土曜・日曜・祝日を除く)
[駐車場 ]
150台駐車可能

ふれあい相談所(相談無料・秘密厳守)
八戸市社会福祉協議会では、誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくりを目指して「ふれあい相談所」を運営し、日常生活のあらゆる心配ごとの相談に応じ、また専門家による相談にも応じております。
相談所での個人情報は、事業を適正に行い、相談内容の円滑な解決を図ることを目的として利用・管理するものであり、相談者本人の同意のない限りは 利用・第三者提供いたしません。
[場所] 八戸市総合福祉会館3階(根城8−8−155)
[相談専用電話] 0178−44−1110
相談種別 相談内容 相談日(時間) 相談員 相談方法
法律相談 財産、権利、相続、借地、借家、金銭、貸借契約等 毎週火曜日
13時〜16時
※予約制
法テラス青森
(平日9:00-17:00)
(土・日・祝日は休み)
050-3383-5552 無料の法律相談を利用するには「収入が一定以下である」などの条件を満たすことが必要です。
申し込みの際には、収入や家族構成などを伺います。
弁護士 来所による
面接相談のみ
なんでも相談 日常生活のあらゆる心配悩みごと全般 毎週水曜日・金曜日
10時〜15時
なんでも相談員 電話・面接
なんでも相談が祝日の場合はお休みです。
  (年末年始のお休み 12月29日〜1月3日)

福祉バス申請受付
八戸市からの受託事業として、福祉バスの申請受付を行っています。福祉バスは、社会福祉団体などの福祉の向上を図ることを目的とし、研修、レクリエーションなどの活動のために利用されています。

共同募金活動
社会福祉協議会では、共同募金会より共同募金運動事務を受託し、募金活動を行っています。
<赤い羽根共同募金>
赤い羽根共同募金は、民間社会福祉事業に必要な資金を集める募金活動です。
民生児童委員、町内会、福祉・ボランティア団体、企業・事業所、児童生徒の皆様の協力を得て10月1日から全国一斉に運動を展開しています。
平成28年度に寄せられた募金は 下記の通りです。ご協力ありがとうございました。
募金種別
金額
戸別募金
17,536,137円
法人募金
3,750,500円
個人募金
395,668円
職域募金
866,992円
街頭募金
206,960円
学校募金
777,288円
団体募金
105,454円
その他募金
372,372円
合 計
24,011,371円
平成28年度の赤い羽根共同募金は、平成29年度の民間の社会福祉事業に配分されます。八戸市社会福祉協議会には下記のとおり配分され、様々な福祉、ボランティア活動事業費として活用させていただきます。
(1)地域の福祉活動、ボランティア育成費として
10,460,000円
(2)障がい者の福祉事業費として
250,000円
(3)児童青少年の福祉事業費として
250,000円
(4)高齢者の福祉事業費として
250,000円
(5)母子世帯の福祉事業費として
50,000円
合 計
11,260,000円
<歳末たすけあい募金>
歳末たすけあい運動は、共同募金運動の一環として「みんなで支え合うあったかい地域づくり」をスローガンに、12月1日から12月31日まで行われている運動です。
平成28年度に寄せられた募金は、下記の通りです。ご協力ありがとうございました。
募金種別
金額
戸別募金
4,970,627円
団体募金
20,172円
その他
11,071円
合 計
5,001,870円
平成28年度の歳末たすけあい募金は、次のように配分されました。
(1)地区社会福祉協議会の福祉活動費として
(高齢者の会食会等)
4,355,000円
(2)母子世帯の福祉事業費として
200,000円
(3)身体障がい者の福祉事業費として
200,000円
(4)知的障がい者の福祉事業費として
200,000円
(5)里親児童の福祉事業費として
30,000円
(6)事務費
48,000円
合 計
5,033,000円
 

▲このページのTOPへ