社会福祉法人 八戸市社会福祉協議会

みんなのやさしさが伝わりますように 心と心がかよう街づくり

TOP > 社会福祉協議会の概要

社会福祉協議会の概要

社会福祉協議会とは
社会福祉協議会は、社会福祉法に規定されている団体であり、各市町村の社会福祉協議会、各都道府県の社会福祉協議会、中央の連合体としての全国社会福祉協議会があります。社会福祉協議会は、通称「社協」(しゃきょう)と呼ばれ、「ふれあいネットワーク」をキャッチフレーズに掲げ、市区町村、都道府県・指定都市、全国を結ぶ公共性と自主性を有する民間組織です。
社会福祉協議会の基本的な性格は、社会福祉協議会基本要項において「地域における住民組織と公私の社会福祉事業関係等により構成され、住民主体の理念に基づき、地域の福祉課題の解決に取り組み、誰もが安心して暮らすことができる地域福祉の実現をめざし、住民の福祉活動の組織化、社会福祉を目的とする事業の連絡調整および事業の企画・実施などを行う。」と定義されています。 少子・高齢化社会の進行とともに、地域社会を取り巻く環境が大きく変化する中で、社会福祉法において、地域福祉を推進する中核として位置付けられ、社会福祉協議会の果たすべき役割はますます重要になっています。

地域ぐるみの福祉とは
1.福祉活動の担い手を見つけ、育てること。
地域での問題がますます複雑・多様化してきている今日では、地域の役員だけにまかせておくことはできません。とくに福祉活動は、人手のもっとも必要な活動です。ボランティアを志す方、社会参加の機会を求めている方など、地域の中での“新しい担い手”を見つけ、育てることが必要です。
2.社会福祉資源を結集し、活用する。
福祉に欠ける人の生活を豊かにするためには、各種の機関・制度・サービス・専門家・ボランティアなどを活用しなければなりません。地域の中で活躍している専門の方々(保健師・ホームヘルパー・民生委員など)、福祉・医療関係者などと連絡をとりあって、地域での生活を支援します。

「社会福祉協議会」の財源は
社会福祉協議会は市民の皆様からの会費・公的補助金・委託料・共同募金配分金などで運営されています。

会員協力のお願い
社会福祉協議会の事業は、公的補助金、委託金、共同募金の配分金などで運営しておりますが、高齢化・核家族化が進行する中、きめ細かな地域福祉を推進していくためには、より多くの財源が必要です。
社会福祉協議会では、「だれもが安心して暮らせる福祉のまちづくり」を活動目標に掲げ、会員会費を貴重な財源として各種福祉事業に取り組んでいます。社会福祉協議会活動の趣旨にご理解とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。
会費の種類  
1.世帯会員 1世帯 200円(年額)
2.特別会員(個人) 1口2,000円(年額)
3.特別会員(企業・事業所等) 1口5,000円(年額)
4.団体会員(団体福祉等) 1口2,000円(年額)
5.施設会員(福祉施設) 1口2,000円(年額)
※会員とは、会費によって資金面からも「福祉のまちづくり」を支援してくださる皆様のことです。
※世帯会員の皆様からいただいた会費の50%は、地区社会福祉協議会の福祉活動費に還元しています。

『社会福祉協議会』活動の重点目標

地域福祉活動の推進

多様化する福祉ニーズに対応するため、関係団体・地域住民と連絡調整をとりながら地域福祉活動の促進を図る。

ボランティア活動の推進

なんらかの形で助けを必要としている方への具体的援助活動を行う「福祉活動」の担い手、ボランティアの発掘・組織化・活動機会の提供などに努める。

福祉サービスネットワークづくりの推進

社会福祉協議会として必要な情報などの収集整理を行い、今後の福祉活動の課題や進め方について関係機関・団体と協議・検討を行う。福祉団体・施設、ボランティア、関係行政機関などとの福祉のネットワークづくりを図る。

▲このページのTOPへ